阿久根真由

私なりの接し方を考える

阿久根真由

入社当時は庶務課に配属されて電話の取り方や来客の対応といった、社会人としての所作を学びました。3ヶ月しかいなかったんですが、いちばん怒られた部署でいちばん印象に残っています。いまはマネージャー職のアシスタント業務の統括をやっていますが、係長には去年なったばかりで1年がようやく終わったという感じです。私の管轄する部署は4部門ありますが、合わせて女性は10名以上います。会議をするといつの間にか女子会になっちゃったりすることもあって。年齢も若い子から私より年上の人まで様々です。取りまとめる秘訣なんてないですよ。自然体で接していくしかないかなと思っています。あえて言えば、自分だけ目立ってしまわないようにすること、ですね。

阿久根真由

自分についてきてくれるのがうれしい

やろうと思ったことにみんなや上司がついてきてくれるのがうれしいですね。みんなで飲みに行ったりというよりは、女性が多いのでお茶したりスイーツを食べたりといったことが多いですね。私は周りに恵まれていて先輩も上司もいい方ばかりで、気軽に相談ができる状況だったんです。ですから、私も部下にとってそういう存在になりたいというのがいまの目標です。

  • 西野大地
  • 濱飯 翔
  • 矢野ひかり
  • 坂本翼
  • 山口一輝
  • 清水博道
  • 阿久根真由
  • 中村元
  • 阪本智紀
  • こんな人物を求めています
page top Site Map